インターネットを利用した学術情報サービス

 図書館は「大量の情報を入手し、それらに検索のための加工をほどこし、使用者に提供し、そして、後世の利用者のために保存する。」ことを基本的な趣旨とする機関です。電子化された情報に関しても、同じ趣旨で、広く学内外に提供する目的で調査し、利用手続き/契約が完了したものをこのページにまとめています。

インターネットを利用した学術情報サービスの基本方針

このページで紹介したツールについて詳しくお知りになりたい方は、“各ツールに関する情報”に示されている問い合わせ先部署までご連絡下さい。




オンライン・ジャーナル

雑誌記事の目次/抄録/全文を、画面上で読むことが出来ます。
[To TOP]

eBook

図書の目次/全文を、画面上で読むことが出来ます。
[To TOP]

外部データベース(検索ツール)

外部データベースに接続し、利用者自身で文献情報等の検索を行うことが出来ます。
[To TOP]

アラートサービス(検索ツール+アラート機能)

学術雑誌の目次情報を検索することができます。新刊目次情報をe-mailで受け取ることができます。
[To TOP]

科学技術用語集

[To TOP]


[学外文献(図書館に所蔵のない文献)の入手に関する情報]


メインメニューへ